予防歯科

虫歯・歯周病になる前の「予防」が大切です

お口の健康のために大切なのは「治療」よりも「予防」なんです。

虫歯や歯周病にかかると、歯科治療を受けなければ治りません。しかし、歯を削ったり外科治療を行ったりすることで、お口は少なからずダメージを受けてしまいます。病気によるダメージも治療によるダメージも防ぐためには、病気にかかる前の予防が重要です。

もちろん毎日のブラッシングも予防の一環ですが、それだけでは落としきれない汚れがお口の病気を引き起こすことも。当院の予防歯科で、キレイで健康なお口を保ちましょう!

病気を未然に防ぐ方法は?

お口を健康に保つのは、正しい検査と予防処置です!

唾液検査

PMTC

フッ素塗布

シーラント

唾液検査

虫歯は細菌による感染症です。目には見えませんが、みなさんのお口にも大量の細菌が棲みついていて、そのなかの虫歯菌が虫歯を引き起こします。もちろん、目で見ただけでは虫歯菌を判断することはできませんので、当院ではリスク検査として唾液の検査を行っています。

唾液検査でわかること

お口のなかの虫歯菌の量

プラークの状況

唾液の分泌量 など

PMTC

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を使用して行う歯のクリーニングのことです。細かい粒子を吹き付けて歯の汚れや着色を取り除くほか、普段のブラッシングでは届かない箇所の汚れまでも徹底的に除去できます。

歯が白くキレイになるだけでなくツルツルに仕上がって、汚れが付着しにくくなるのもうれしいところです。

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くする効果があります。そのフッ素を歯の表面に塗布することで虫歯になりづらい歯をつくるのが「フッ素塗布」です。乳歯や生え替わったばかりの永久歯に特に効果的ですが、大人の歯にも有効です。

シーラント

奥歯には複雑で深い溝があり、ここに食べカスなどが詰まると歯ブラシでは除去しづらいためすぐに虫歯になってしまいます。シーラントは、この溝をプラスチック樹脂でふさぐことで虫歯を予防する方法です。溝をふさぐ素材には、歯科用プラスチック「レジン」を使用するため安全です。シーラントは乳歯や生え替わったばかりの永久歯に特に効果的なため、主に小児歯科で行っています。

インターネットでのご予約はこちらから

東京都中野区|診療予約|秋元歯科医院

24時間診療を受け付けております。便利なインターネット予約を是非ご利用ください!

お電話でのご相談はこちらから

03-3381-4386

土曜午後は都合により休診となる場合がございます。

  • ページ先頭へ戻る